(C)東北新社 (C)東映
古の巨神がよみがえり、少女の戦いが始まる――!!
TVアニメ『勇者ライディーン』生誕35周年記念企画


ゴッドバード
原案: 『勇者ライディーン』(東北新社)
『超電磁ロボ コン・バトラーV』
『超電磁マシーン ボルテスV』
『闘将ダイモス』(東映)
漫画:長谷川裕一

(C)東北新社 (C)東映


あらすじ:
ライディーンと妖魔の大戦から35年後の平和な世界。ごく普通の中学生・囀 晶(さえずり あきら)が住む街は、突如現れた化石獣によって破壊されてしまう。その時、晶の心にライディーンの操縦者・ひびき 洸(あきら)から声が届く。「俺の代わりにライディーンを駆れ」と…。晶は声に導かれるままライディーンに搭乗し、動けないひびき 洸に代わって戦うことを決意する。

その後、超電磁ロボチーム(コン・バトラーV、ボルテスV、ダイモス)も晶たちと合流。ムー大陸の浮上が世界の滅亡に繋がると知った一同は、地球の命運を背負いムー大陸へ突入する。超電磁ロボチームは、そこで待ち受けていた、ガルーダ、ハイネル、リヒテルたちと、因縁の戦いに決着をつけるが、ガルーダたちの魂はバラオに吸収され、バラオはパワーアップしてしまう。かたや晶は、“月のライディーン”の封印から脱した後、シャーキンが父の兄だったことを知った。シャーキンは洸とともにバラオに挑み、奪われていた“真の剣と盾”を取り戻すと、バラオの攻撃に倒れた。晶と洸は不思議な声を聞く。超電磁ロボチームと、“影の鳥”となったシャーキンらの魂が、バラオの攻撃を抑え、晶と洸にチャンスをくれた時、ふたりの心が共鳴し、2体のライディーンは分子融合して“月蝕のライディーン”となり、最後の戦いへ立ち向かう!! 第1部、クライマックス!!

今月は休載です。


コミックス第B巻は12月7日発売!!

『ゴッドバード』にもリンクする、東映スーパーロボット漫画の傑作『超電磁大戦ビクトリーファイブ』全2巻も大好評発売中!!