経験値ゼロからのアニメ製作!!

ブラッシュ☆UP
箱田コハ

あらすじ:
幼い頃に見た文化祭のアニメに感動して、光が丘高校に入学したい高井一登。だが、アニ研は活動内容や部員不足などを理由に、去年度末に廃部になっていた。だが、この高校でアニメを作るという夢をあきらめきれない一登は、担任の安本先生に協力を仰ぎ、秋の学生動画コンクールで優勝することを条件に、暫定的ではあるが活動を認めてもらった。

文化祭当日、上映開始直前に完成した自主制作アニメ。しかし、ギリギリまでバタバタした作品は、部員達が思わず顔を伏せてしまうほどの出来だった。「こんな出来では動画コンクールの優勝はムリ」と思った一登は、無理を承知で新規カットの追加を提案する。だが、部長は「そんなに自分の思い通りに作りたいなら、一人でやれば」と言ってしまうのであった。