機士のパートナーであるエニグマドール(小型の機械人形)を巡る物語。

DOLLMASTER ボー太とPAL
藤岡建機


あらすじ:
ボー太はおじいさん(パナム)が遺したPAL(PAL196)とふたりで暮らしていた。だが、希代の名機であるボー太のPALを手に入れようと、機士・ゼフィラが現れる。ゼフィラの出現により、ボー太とPALの運命は大きく動き出すのであった。