「ネコの王」「バーコードファイター」の
鬼才が描くフシギ・バトル!!

そらのカナタの!
小野敏洋


あらすじ:
 ある日、空に巨大で不気味なサカナのような物体が現れ、人間が石のようになる“刻触”が起こった! 中学生の“そらの”と“涼木”だけが石にならなかったが、サカナが巨大な“神柱”を地面に突き立てると、石になった人々が怪物になって、そらのたちに襲いかかってきた!
 あわやというところで現れた謎の少年“リウ”。あのサカナは異界からの侵略者なのだという。地球を書き換えて違う世界にしようとするエネルギーを”調律”の力に変える“トラリトーク”という機械を、リウはそらのに手渡す。そらのは、空中に描いた絵が実体化して、人間を元に戻せる力を得た!
 調律の力で神柱を破壊し、怪物化した人々も元に戻った。だが、リウを信用してない涼木は、トラリトークを使おうとはしなかった。
 しかし、“刻触”は繰り返され、怪物化した教師に襲われた涼木は、ついにトラリトークを使う。ところがそこに出現したのは、奇妙なネコ──!?