「この仕事、最後は味方が
 敵になるからな……。」

クロウズヤード
原作:エッジワークス
作画:前田英紀


あらすじ:
星間の自由な貿易を望む宇宙移民の共同体『自由貿易機構=FTO』との間で起こった戦争は、開戦から5年を経て完全な泥沼状態に陥っていた。
終結の見えない戦争に軌道監視軍の兵士たちの士気は低下し、軍内部での犯罪が多発。対応に苦慮した総司令部は、直属の内部監査部隊「AIM」を設立し、規律の強化を図る。
軍内部での指揮系統を外れた捜査・逮捕権を有し、犯罪者逮捕のためには味方部隊にさえ銃口を向ける彼らを、一般兵たちは軽蔑と恐れをこめてこう呼んだ。

         『屍肉漁りの鴉部隊 CROWS YARD』と―――」

軌道監視軍に反旗を翻したシャイロックたち人造人間ソピアー。またたく間に軌道監視軍の主要施設のコンピュータを掌握した彼らの元に、クロウズヤードの3人が迫る! 3人に対して、衝撃の事実を告白するシャイロック。その真意はいったい……?


公式ホームページ
http://www.crowsyard.jp/